2008年3月13日木曜日

ブログ持ちでウェブマスターツール使ってない奴ちょっとこい

北斗の拳オンライン』のクローズドベータテストに合格したらしいのに、何故かログインできません(泣)。

憂さ晴らしに、Googleウェブマスターツールについて、いや私はプログラマとかではないから詳しいことは分からないのだが、「こういうものがあるよ」程度の紹介でもしようかと思います。
最近(?)アップデートされたようだし。


ウェブマスターツールとは
このツールは、なんというんだろうか。アクセス解析のようなそうでないような。
Google様の言を借りれば、「Google ウェブマスター ツールは、Google にとって問題のないサイトを構築する際に役立つ無料のツール」ということなので、直接のアクセスアップにはつながらなくとも、アクセスアップへの何らかの指針が得られることは間違いないのである。多分。
あるいは、Googleが君のサイトをどのように評価しているか(その結果は、みんな大好きPageRankへと繋がる)、その通信簿の一端を見せてもらえるツール、とでも言えるのかな。


登録方法
とりあえず使ってみれば分かるので、まずは上記リンクをクリックして登録してみよう。
まず「サイトを追加するにはここをクリック」と書かれたボックスに、解析したいサイトのURL(このブログならhttp://kousuke3.blogspot.com/)を入力。
次に、マイレポートに追加されたURLから右へ視線を移していくと、「確認」というリンクが貼られているので、そこをクリック。
「確認」というのは、要するに、Googleに対して「このサイトは私の管理下にあるわけだから、Googleがこのサイトに対して持っている情報を開示してちょ」と言い、その証拠を提示するわけですな。

確認方法には「メタタグを追加」と「HTMLファイルをアップロード」の2種類がある。
普通のレンタルブログサービスには画像なんかをアップロードする機能はあってもHTMLファイルを特定のディレクトリにアップロードする機能は無いだろうから、ここは必然的に「メタタグを追加」を選ぶことになる。
Movable Typeを自分で設置している人は後者の方法もとれるだろうけど、そもそもそんな人は説明要らないよね。)

で、メタタグ追加の方法だけど、「メタタグの追加」を選ぶと、その下に追加すべきメタタグが出てくるから、それをコピーして<head>タグ(括弧はもちろん半角)の直後にぶち込んでやればOK。
具体的には、例えばbloggerの場合、「カスタマイズ」→「HTMLの編集」→「テンプレートを編集」ボックスの上のほうにheadタグがあるんで、その下に当該メタタグをペーストしてやればいいわけですよ。
その後「テンプレートを保存」で変更を保存。ウェブマスターツールの手続の続きに戻って、「確認」ボタンを押せば、おそらく確認が終わるはず。


使い方
Googleのほうで前々から蓄積されている情報を開示してもらうので、アクセス解析のように待たされることなくすぐデータにアクセスできるのがウェブマスターツールのいいところ。
使い方にはおそらく色々あるんでしょうが、我々初心者が見るべきは「統計情報」の「上位の検索クエリ」。
ここでは、あなたのサイトに来ている人がどのようなキーワードを使って(検索して)来ているのかが分かります。
んなことGoogle Analyticsとかのアクセス解析でもわかるじゃねえか、とか言いたいそこの少年、ちょっと待つんだ。そんなことは私も重々承知している。
ここで大事なのは、あなたのサイトが、特定のワードでググられた場合上から何番目に表示されるかが分かる、ってことなんだ。

下の画像を見て欲しい。
ウェブマスターツールのクエリ図
ここで左側に並んでいるのが、「特定のキーワードでGoogle検索されるとこのサイトが上から何番目に表示されるか」というデータ。
最新のものではないので今検索すると違った結果になるかもしれないが、例えば「ベクシル」と「ラベル」でAND検索を実行した場合、このサイトは上から2番目に表示されることになる。「ゴールデンスランバー」なら上から5番目だ(これは結構凄いことだったんだが、最近違ってきた)

ここにあなたのサイトが狙ったとおりのキーワード(あなたのサイトのメインコンテンツとか)があり、かつそれが上位に表示されていれば、あなたのサイトはそのキーワードと強い関連性があるってことになる。
そういうキーワードが表示されない場合は、残念だけどあなたのサイトと当該キーワードの関連性は低いってコトだ。
関連性を高くするにはALTとTITLEをいじるといいらしい、ってことはGoogle先生も認めているので、挑戦してみる価値はあるかもしれない。

ちなみに右のキーワード群は、あなたのサイトがGoogle検索に出て、実際に検索結果からクリックされたキーワードの上位20位だ。要するにアクセス解析で出力される奴だな。
つまり、ここに表示されるキーワードは、サイトと関連性があり、かつ訪問者を引きつけたキーワード、と言うことになる。末永く大事にしたまえ。


また、「リンク」タブも見てみると面白い。
このタブでは、外部リンクと内部リンクのリンク元の一覧が見られる。Pagerankを決定する一要因らしいから、増えるように頑張るべき、なのだろうか。


ホント基本的なことしか紹介していないが、まあ俺、法学部だし。といって逃げるのはよくないんだけど、もっと詳しいことはきっと検索すれば出てくるんで、今日のところはこれくらいにしておいてください。

1 コメント:

どりてぃんドリーム さんのコメント...

先っちょのドリル具合がいいって言われたw
イイ仕事になりそうだし、手術はしばらくヤメとくよヽ(´ー`)ノ
http://8e8ae.net/chinpre/