2008年9月3日水曜日

常滑行ってきた。

ちょっぴり暇があり、ちょうど名鉄のパス券もあったので、はるばる常滑まで行って参りました。
出発時には昨日の集中豪雨により太田川より南は運休だったものの、まあそのうち解除されるだろうと鈍行に乗り、昨日届いた『The Essential Drucker』(Harpercollins、2003)を読みつつ南へ南へと向かいましたですよ。


というか単に電車の中で本が読みたかっただけ、という説もある。というのも、電車の中というのは適度な騒音・緊張感があり、誘惑要因が窓の外の景色ぐらいしかなく、かつ半公共の場ということで姿勢を正す必要性もそこそこあるんで、本を読むのにうってつけだと思うわけだが、いかがだろう。
とかいってるうちに12:00ごろ常滑についたので、まずは昼食。


中華そば茶屋亭にてつけそば中盛り。
ちなみに「並み」と「中盛り」はあるけど「大盛り」というメニューは無いという。


コシの強い麺を甘辛スープにつけて食べる。うまい。
食べ終えたらスープ割とかいうだし汁で漬け汁を薄めて飲むのがこの店のジャスティス。
デザートの杏仁豆腐も、最初に頼んだらあるかどうかわからん的な非重要扱いな対応を受けていたものの、あとで出てきたら甘みを抑えたすっきり味でうまかった。
実際電車の中で本を読むことが主目的である以上目的地は案外どこでもよくて、そうなると次に重要なファクターとなってくるのが美味いものが食べられるか否か、であるところ、ちょうど「名鉄沿線おでかけマガジンWind」が常滑のこの店を紹介していたので、それに釣られていってみた次第だったりする。(ちなみに他の候補としてイワシの刺身定食を食べに知多半田へ行こう、というのもあった。しかし方面が常滑と同じなんだよね。続けざまに2回も同じ方向へ行くのはなんかなあ。)

食後、このまま帰るのも勿体無いので(まあパス券は乗り放題だからこのまま帰ってもいいのだが)、常滑といえば常滑焼であるところ、やきもの散歩道とかいう散歩道があるらしいのでそこをうろつく。


陶芸家が作った色々な招き猫。いわゆるキャットストリート。
目的別に、商売繁盛、美人祈願、安産、旅行安全、学業成就などなど。


じぞう。


土管道路とかなんとか。


巨大招き猫だけど何でこんなことになったのか僕にはよくわからない。
ちなみに裏は張りぼてなんですよねコイツ。

では、疲れたので寝ます。


1 コメント:

こたつ さんのコメント...

あなたとは違うんですで盛大に吹いたwwwwwwwwww